清水国明

(シミズ クニアキ)

kuniaki

タレント

NPO法人河口湖自然楽校 楽校長

山梨学院大学現代ビジネス学科客員教授

所沢市教育委員

JOIN大使(移住・交流推進機構)

全日本チェンソーアート協会 特別顧問

災害出動型RVパークPJプロデューサー

 

 

テレビ、ラジオの司会やコメンテータ、さらに新聞雑誌への執筆など、幅広く活躍中。 芸能界きっての自然環境派、スローライフ実践者としても知られ、自然体験や環境講演会なども多い。

■略歴

1950年
10月15日福井県に生まれる。
1973年
伝説のフォークソング・デュオ「あのねのね」 で芸能界デビュー。
1976年
京都産業大学法学部を卒業。
1995年
アウトドアライフネットワーク「自然暮らしの会」を主宰。代表を務める。
2004年
自らが自然暮らしを実践する山梨県富士河口湖町にて「NPO法人河口湖自然楽校」を設立。
2005年
自然とのふれあいを通じて、都市生活で忘れてしまった人間本来の機能を目覚めさせ、心と体の健康を取り戻すこと、そして子どもたちの生きる力を育むことをテーマに、山梨県河口湖にアウトドアパーク「森と湖の楽園」を開園。
2009年
十二指腸乳頭部に腫瘍が見つかる。都内大学病院にて、十二指腸の全摘出。早期発見だったため約3週間で退院する。
2011年
財団法人日本レクリエーション協会主催で審査された【もっともレクリエーショナルなイメージを持つ著名人「ベストリクルー」】一般審査部門にて1位に選出される。
東日本大震災以降、NPO法人河口湖自然楽校を拠点に、被災地復興支援活動に積極的に関わっている。
2012年
山梨学院大学現代ビジネス学科客員教授に就任。
2013年
山口県周防大島片島の無人島を購入。「ありが島」となずける。
森の自然体験フィールド「森と湖の楽園」につづき、海の体験フィールドとして、 日本一ワクワクする「無人島キャンプ場」プロデュースに取組んでいる。
2014年
所沢市教育委員に就任。
2016年
平成28年熊本地震の復興支援の一環として、被災地へのトレーラーハウスの緊急輸送をはじめる。
2017年
清水国明がプロデュースする、日本最大級(広さ2,800㎡・砂の量1,125t)人工ビーチ”タチヒビーチ”をオープンさせました。